« ■ オペラ 『セヴィリアの理髪師』 (全2幕) in みなとみらいホール 大ホール | トップページ | ■ アンドレ・ワッツ ピアノリサイタル in 東京オペラシティコンサートホール »

2007年6月 9日 (土)

■ フランス料理とワインの空間を楽しんだ

ここのところこちらのブログを書けないでいる・・・。アート鑑賞に行けていないかと言えば、そうではなくほぼ毎日のように出かけている。

映画では『シュレック3(字幕)』、『アポカリプト』、『プレステージ』、『キャプティビティ』、『舞奴Haaaan!!!』、『300』などを試写会で鑑賞した。音楽も千住真理子ヴァイオリン・リサイタル(西新井文化ホール)をはじめ三浦友理子(ピアノ)公演などに行っている。

舞台も昨日は紀伊国屋ホールでの『さすらい』初日鑑賞し、別の舞台も鑑賞している。

美術では『ロシア皇帝の至宝展』の特別貸切鑑賞(100名で、レクチャー、ワイン試飲/軽食付)という贅沢な時間も過ごした。

映画評を久しく書いていないなあ。

最近観た上記の作品中、「これは」というものがなかなかない。『アポカリプト』などはメル・ギブソンがどこへ行こうとしているのか。マヤ文明に対する認識には???をいくつつけても足りないくらい。

『舞奴Haaaan!!!』は、クドカンファンにはたまらなく楽しい作品なのだろうけれど、あの超ハイテンション&センスに私はついて行けない…。こういう誇張的表現がないと今の若者は自分の想像力/創造力を体感できないのか?と興ざめである。でもヒットするんだろうなあ。

2ブログの方は、それでも今月3話書いているのでお時間がある方はそちらを覗いてみてください。

先日、仕事でご紹介をして頂いた方がその事務所の方々を連れて、フランス料理にご招待してくださった。

インテリジェンスが高い人たちに囲まれて「場の雰囲気、空気」を見つつ/読みつつ、話題を選んでの会話は緊張したけれどなかなか面白かった。

そしてなにより、シャンパン(2杯)、白ワイン、赤ワイン(2杯)、別の赤ワイン(2杯)、デザート酒(10種類くらいから選択し2杯)。これにそれぞれに合った料理そしてデザートが出てくるというフルコースで贅沢&楽しい宴だった。

そうそう、ここ数年だけれど、ワインのことを嗜んできてよかったと思った。知らないと話について行けなかったし。

かなりお酒が入ったので、さすがに翌朝は頭が重かった…。でも、最後に飲んだ赤ワイン、美味しかったなあ。

|

« ■ オペラ 『セヴィリアの理髪師』 (全2幕) in みなとみらいホール 大ホール | トップページ | ■ アンドレ・ワッツ ピアノリサイタル in 東京オペラシティコンサートホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ オペラ 『セヴィリアの理髪師』 (全2幕) in みなとみらいホール 大ホール | トップページ | ■ アンドレ・ワッツ ピアノリサイタル in 東京オペラシティコンサートホール »