« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月16日 (月)

■菅佐知子ピアノリサイタル in JTアートホール アフィニス

0806155 待ちに待ったものの一つ、応援させていただいている菅佐知子さんのピアノリサイタル(JTアートホール アフィニス)に行ってきた。

菅さんはやっぱりすごい、とってもとっても素晴らしい演奏でした!!

技巧はもう言うまでも無く最高レベル。静かな音色の時はもちろん、激しく鍵盤を叩く時も一音、一音がしっかりしていてけっして濁ることなく、その流れる奏では美しい。細身の何処にあんなに体力があるのか不思議なくらい並外れた持続力と表現力の数々。それは至極の演奏空間である。

●プログラム

ベートーヴェン/ピアノソナタ ハ短調 作品13《悲愴》
シューマン/子供の情景 作品15
リスト/ピアノソナタ ロ短調

※※ アンコール ※※

トロイメライ

0806154前半の最初の曲目から秀逸の演奏が続いた。

全般的に聴き応えが十分あって、中でもリスト「ピアノソナタ」が素晴らしくて感動!! 渾身の演奏は菅佐知子ワールドを創り上げていて、その音楽世界に浸るのは至福の時間/空間だった。

今回もドレス素敵でした。前半の明るいモスグリーン(色の表現が違ったらすみません)に被われた姿も美しく、後半のレッドドレスがまたお似合いで気品があり素晴らしかった。

演奏後にお逢いでき、少しお話もできて嬉しかった&サインまで書いて頂き、本当にありがとうございました!!

6/13がお誕生日の菅さんに、公演&誕生日に合わせたプレゼント(菅さんにピッタリと思った探したワイン)もお渡しできた。

0806152今回は何故菅さんの奏でが魅力的なのかを自分なりに感じながら/見つけながら聴いてみることにした。

一音、一音に魂を込めての渾身の奏で。そして、圧倒的な集中力を自身には課しながら、観衆にはけしてピリピリと張り詰めた緊張感は押し付けないし、与えない(つまり、観衆に音楽を楽しむ空間を作り出す)という、ある意味菅さんの才能でもある。これはとても大切なことと感じた、どういうことかと言うと、演奏家の中には「威圧感」で聴いていて息苦しくなる人も稀にいるので。

リサイタルに向けてそれはそれは作品に真摯に向き合い、自分に厳しい姿勢で準備されていたことを十分感知させ(それだからこそ出せる音世界)、何よりも自分のスタイル、菅さんの世界を創り出していることが魅力なのだろう。

私は素人ではあるけれど、男女、邦人、外人の多くのピアニストの生演奏をこれまで聴いている。邦人女性で著名な方々でも、例えば中村紘子さん、木村かおりさん、小川典子さん、仲道郁代さん、小山実稚恵さん、田部京子さん、西村由紀江さん三浦友理枝さん、蔵島由貴さん…枚挙にいとまがない、皆さんそれぞれ魅力ある演奏家であるけれど、その中でも奏での魅力は私的には菅さんが筆頭、逸品である。

そして菅さんはおそらくご自身では気づいていないだろうと思うけれど(演奏の姿はご自身ではライブで観られないから)、演奏中に魅せる美しい瞳が、より演奏を引き立たせている。

来月、今年2度目のドイツに行かれるそうだ。

ピアノとドイツをこよなく愛している菅さん。今秋予定の公演を再び楽しみに待つことにしよう。

以下、プログラムからの紹介を転記します。

菅佐知子(ピアノ)
東京生まれ。1997年ドイツ・リューベック国立音楽大学卒業、ディプロム取得。2001年ドイツ・ローストック国立音楽大学大学院修了。同年、ドイツ国家演奏家資格取得、あわせて最優秀賞を受賞。1998年ドイツ音楽フェスティバル・ランドーに出演。
99年東京オペラシティ・リサイタルホールでデビュー・リサイタルを開催。2000年ローストック(ドイツ)でバッハのピアノコンチェルトをオーケストラと共演、北ドイツ新聞最新ニュースで「神から祝福されたピアニスト」と大絶賛された。01年ヴィスマール(ドイツ)市庁舎でリサイタルを開催。02年ペーター・エーデルマン(ベルベデーレ・コンクール優勝、バリトン)と共演。03年第一生命ホールにて東京セントラルフィルハーモニー管弦楽団とリストのピアノ協奏曲第1番を共演。05年北ドイツ最大のシュレスビヒホルスタイン音楽祭に出演。日本、ドイツ各地でのソロリサイタル、音楽祭出演の他、室内楽奏者としても活躍しており05年及び07年にはウィーンの人気アーティスト、「ラズモフスキー弦楽四重奏団」と共演、大好評を博す。
武地朋子、金山典子、斉藤京子、山田富士子、コンラート・エルザー、マティアス・キルシュネライトの各氏に師事。ファーストCD「月の光」が好評発売中。

| | コメント (2)

2008年6月14日 (土)

吉田羊さん、『7人の女弁護士(最終回)』に出演!!

6_2 女優吉田羊さんが、6/19(木)21:0010ch7人の女弁護士(最終回)』に出演されます!!

撮影後、超々快速でのオンエア。民放のドラマ撮影スケジュールってすごいものがあるなあ…、俳優さんたちも大変だけれど編集スタッフなどどんな24時間を過ごしているのだろうと思ってしまう。

それにしても、羊さんの役柄も楽しみである。

http://www.tv-asahi.co.jp/7nin/story.html

ここのところ、試写会では、『JUNO/ジュノ』、『コミュニストはSEXがお上手?』、『西の魔女が死んだ』、『歩いても 歩いても』、『クライマーズ・ハイ』、『いまここにある風景』などを鑑賞。舞台招待では、NBAバレエ団『トゥールビヨン公演』、舞台『真実のゆくえ』、ルミネtheよしもと「宇宙ターザン」、音楽劇『東京ギンガ堂ねこになった漱石』と、ほぼ毎日の鑑賞が続き、鑑賞後飲食したりして、時間がなくてブログ更新ができなかった…。そんな中、芝公園の近くにインド料理の美味しいお店を見つけたりできた。

今週末は、待ちに待ったとても楽しみにしている予定があるので、私的には遠足前日の小学生みたい!?(笑)

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

■吉田羊さん、スポニチ新聞(東日本版)「旬な人 サタデークリック」に掲載される!!

0185月31日発行のスポニチ新聞(東日本版)に、応援させていただいている女優吉田羊さんのインタビュー記事が掲載されました!!

土曜日早起きをしてコンビニに向かい、「スポーツニッポン紙」を購入に行った。ギャンブルをしない(自分の人生がギャンブルみたいなものだから、笑)私にとってスポーツ新聞を自分で購入したのが生まれて初めてである。当の羊さんご自身も「生まれて初めて買った」とブログに書かれていた。

どれがスポニチか、そして幾らかも分からないまま見つけてレジに行った。自宅に戻って、ワクワクしながらページをめくり、羊さんを見つけた。

「旬な人 サタデークリック」というコーナーに載っていた。思った以上の大きなカラー写真だった。

記事には、芸能界へ進むキッカケ~現在までの内容の他、来春公開予定の映画『20世紀少年 第2章』で豊川悦司さんの妻役を得たことが書かれていた。羊さん、目覚しい活躍ぶりで頑張っているなあ(嬉)。ますます、羊さんから眼が離せない、ファンとして嬉しい限りである。

先日告知したNHK連続テレビ小説『瞳』に出演される放映も、いよいよ来週と迫っています!(6月9日の週から3週間)

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

■MISIAはすごい!!

7誰しもファンになる時には、ファンになったきっかけ/動機があると思う。

MISIAのファンになったのは、私的にはファーストアルバム(1998年)を聴いたその日からなので一般人としては早い方だと思っている。

浜田省吾さん(1978年にレコードを聴いた時)、千住真理子さん(1988年に初めて生演奏を聴いた時)のファンになった時もそうなのだけれど、ファンになる際、この人は「本物である!」というズシ~ンと直感がいつもあるのだ。最近では、菅佐知子さん、吉田羊さんにその感覚が全身に響いたのである。

6現在大手出版社で副編集長をしている大学時代山岳部の後輩I君は、学生時代からジャーナリスト&編集者を希望してそれを実現した人である。ずいぶん前(1999年頃)であるけれど、彼と居酒屋で飲んでいる時に好きな&注目しているアーティスト(歌手)の話題になった。

その時、I君の一押しが椎名林檎(現在は東京事変)だった。私はMISIAを挙げた。I君は言った「MISIAは確かに上手いけれど、やっぱりダントツは椎名林檎でしょ!」。私は言った「椎名林檎って斬新さはあるけれど、本物はMISIAだね!」と。

ちなみにI君がずっと昔から好きなロック歌手はハウンドドッグで、私が浜田省吾という感じの違いだったけれど(笑)。

ファンになってからずっと好きなMISIA。彼女の写真(ボノと一緒に)が、530日の朝日新聞の一面に載った。そして、翌日5/31の同朝刊「世界からのメッセージ」の中にMISIAのメッセージも記載されていた。

このブログを読んでいただいている方にもその記事/メッセージを知ってほしいと思い、以下に転記させていただく。

●MISIA 朝日新聞の一面を飾る!! 2008.5.30 朝日新聞朝刊)

109「横浜・山下公園に29日、巨大な「人」が現れた。第4回アフリカ開発会議が開かれている会議場近くで、白いTシャツを着た約600人(主催者発表)が、「貧困にあえぐ人々のために立ち上がろう」という意味を込めて、両手を上げた「人間」を人文字で表現した。

英国の慈善活動団体「コミックリリーフ」によるプロジェクト「ONE FOR ALL」の一環。英国の彫刻家アントニー・ゴームリーさんの指示で、地球を表す「」、漢字の「人」も作った。アイルランドのロックバンド「U2」のボノさんやサックス奏者の渡辺貞夫さん、歌手のMISIAさんらも参加した。」

「世界からのメッセージ」 MISIA「貧困生む仕組みに目を」  2008.5.31 朝日新聞朝刊)

「アフリカと聞いて思い浮かぶのは貧困や飢餓。かつての私はそうだった。昨春、ケニアを訪れ、その考え方はすっかり変わった。

 ナイロビのスラムで出会った、1人の少女が忘れられない。親類に連れ去られて弟と一緒に別のスラムへ売られ、約1年間働かされていたという。お父さんが見つけて家に戻ることができたけど、弟は虐待されて口がきけなくなってしまった。そんなつらい過去があっても彼女は歌うことが大好きで、笑顔で生きていた。

 マサイ族の村には電気がなかった。でも、医療や子育てなど様々な生活の知恵があり、昔からの文化を大切に幸せに暮らしていた。

 彼らの文化が遅れているから貧しいわけではない。みんな生きる力にあふれているのに、貧困はなくならない。スラムが生まれてしまう社会の仕組みに目を向けなければいけないと思った。

 「私たちをかわいそうだと思わないで下さい」。あるアフリカの国の駐日大使に言われたことがある。アフリカとつながるのは何かを背負うことではなく、豊かさや素晴らしさを知ること。援助をする際にも、彼らの文化や知恵、生きるスピードを尊重することが重要だと思う。

 アフリカには豊富な資源があり、貿易を中心に日本との関係も深まっていくと思う。その際、商品を作った人の人権は守られ、適切な賃金が支払われているのか。子供が働かされたり、女性が虐げられたりしていないか。そこに目を向けて欲しい。

 アフリカの貧困や紛争や環境問題と、日本で増えている自殺やいじめ――みんな根底でつながっていると思う。それは命がないがしろにされているということ。命の問題について、一人ひとりが行動し、世界中でつながっていくことが大切。それは、私たちの生活にもかかわる問題なのだから。」

<お知らせ>

なお、MISIAの2627日横浜で行われた、アフリカ支援を訴えるライブの特集番組が7520時からNHKのBShiで、同月1223時からBS2で放送される予定。

8

1

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »