« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月 7日 (火)

■吉田羊さんも出演した、東京サンシャインボーイズ『returns』 放送決定!!

Photo応援させていただいている女優吉田羊さんが出演された舞台。チケット争奪戦(50倍)に見事に!?破れ、めちゃくちゃ行きたいのに行けなかった舞台。

巷でも「さよならシアタートップス」で、15年振りに復活公演となった東京サンシャインボーイズで注目された舞台が、早くもテレビ放映されることが決まったそうだ。

●WOWOWで放送決定!!

「三谷幸喜「東京サンシャインボーイズ『returns』」

~さよならシアタートップスStage&Document~

Returns1放送予定は、6/14(日)。時間が決まったらまたお知らせします。

WOWOWに加入している、そこのアナタ! トムにも観せてくれ~

なお吉田羊さんは、

416() NHK 20:00~放送『ゴーストフレンズ 3話』にも出演されます!!

楽しみ、楽しみ!!

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

■千住真理子ヴァイオリン・リサイタル in STB139、吉田恭子ヴァイオリン(朝日カルチャーセンター公開講座)in 新宿住友ビル

千住真理子ヴァイオリン・リサイタル in STB139

Stb3 昨年に続き、千住さんのバースデーコンサートがスイートベイジル139で行われた。今年は予定に入れていなかったのだけれど、公演数日前にお声をかけて頂き、行ってきた。ココは15時に整理券を取りに行ったりなどがあるのだがそれも用意して頂き感謝、感謝!である。

18時開場、20時開演、レストラン会場なのでそういう設定なのだが、席を確保して外出し、めちゃ美味しい天ぷらを頂いた。開演数分前に再入場して、シャンパンで乾杯! 

Stb1●プログラム

J.S.バッハ:主よ,人の望みの喜びよ

J.S.バッハ/千住明 編曲:2つのメヌエット

パッヘルベル:カノン、ヘンデル:ラルゴ

モーツァルト:メヌエット K.64

ヴィターリ:シャコンヌ

(休憩)

エルガー:愛の挨拶

クライスラー:愛の悲しみ

クライスラー:愛の喜び

アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌

ポンセ:エストレリータ~小さき星に~

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

※アンコール

Stb4確保できた席はセンター2列目。ライブハウスなのでステージが小さく千住さんとは至近距離。 マイクも設置されていたりクラシック会場としては難もあるけれど、「リラックスして聴ける、そんな会場で! 誕生日なので」と千住さん。

暖房の入った会場で更に照明が当たってステージ上はかなり暑いのだろう。汗をかなりかきながらの演奏…、それでもとっても綺麗な千住さん。そんな中、トークも絶好調で、マネージャーからは止められている「生卵のお話」はインパクト十分!(笑)

Stb2小さい時聴いた「シャコンヌ」、この曲に感化されヴァイオリニストになりたい!と思ったそうだ。思い入れの十分入った「シャコンヌ」、素晴らしかった。

千住さんの誕生日をお祝いした今宵、美味しい食事と素敵な演奏に包まれて贅沢すぎる至福な時間/空間でした。ありがとうございました。感謝!!

■「ヴィルトゥーゾと呼ばれた時代を築いたヴァイオリン奏者たち」/吉田恭子(朝日カルチャーセンター公開講座)in 新宿住友ビル

ヴァイオリン/吉田恭子  ピアノ/白石光雄

2最近注目しているヴァイオリニスト吉田恭子さん(千住さんには内緒! な~んちゃって、笑)の公開講座にいってきた。

Photo桜が満開なので、公演前に赤坂サカス(千住博さんの大きな作品『四季樹木図』が赤坂駅にあるので鑑賞する)に行き、食事&お花見(コンパクトな)などをしてから会場へと。

3吉田さんは所属事務所を変えた今年、リサイタルがとても増えている。先日「徹子の部屋」にも出演されて注目度もさらに高くなっている方。吉田さんもボランティア活動や全国の小学校を回わる社会的活動を精力的にこなしている素敵な人である。

●演奏曲目

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第36番K3801楽章

ブラームス:ハンガリー舞曲第2番(ヨアヒム編曲)

ヴィニャフスキ:オベルタス

ショパン:即興曲第2

ショパン:ノクターン

クライスラー:愛の喜び

ポンセ:エストレリータ

ラフマニノフ:祈り

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

※アンコール&質問タイム

1講座なので音楽ホールではなく普通の教室に近い会場だけれど、小さな教室なので音的にもほぼ問題はない。2列目で聴けたし。

吉田さんは凛としていて、その奏では正統派。軸がしっかりしていてブレず安定感がある。音楽ホールで聴いて吉田さんの奏で世界を堪能したいと思う。

(私が生で聴いた奏での中で私的に最高峰と思うのはヒラリー・ハーン。邦人では庄司紗矢香さん)

トークも流暢、でもトーク力はまだまだ磨く余地はあると思う。

質問タイムでファンのヴァイオリンを願いにすぐ応じて弾かれる姿はカッコよかった。

曲の説明で「ジプシーは不適切な表現で、ロマ族」と説明されたのは素晴らしい!そういう点も勉強されている姿はとてもカッコイイ!!

余談だけれど、吉田さんの右手薬指に大きなダイヤの指輪、何カラットだろう、かなり高価なものだろうなあ(きっと私には手が届かない、笑)。

赤坂サカスをはじめ、とても楽しく充実した一日だった。

                                                                                                   

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »