« ■スピンオフドラマ『検察官・星川梨沙子 最大の危機』 | トップページ | ■『爆笑問題 with タイタンシネマライブ』in TOHO日劇、チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展 in 大丸ミュージアム、小山実稚恵&平野啓一郎トーク&ライブショウ、など »

2009年11月21日 (土)

■『シャロン・ストーン・フォー・ダミアーニ』 in TOHOシネマズ 日劇スクリーン3 

チャリティーイベント(アフリカの子供たちを救う)に招待で行って、生シャロン・ストーンを観てきた(脚、長っ!)。今なお美しく、且つ素敵な人だった。

1_2今回の来日は、映画のジャパン・プレミアではなく、シャロン自身でのプレゼンテーションなので試写会と違って、「映像、トーク・質疑応答(通訳付)を含め1時間半近くステージ上に。

ハリウッドスターは社会貢献活動にとても熱心で素敵だなあと、思う。 このようなことに斜め目線で観て批判的に言う人もいるけれど、私は好意的に感じている。批判する方には、「じゃあ貴方は、「何を」されていますか?」と問いたい。

えっ? トムは?って。私は「ユニセフ・カード」を毎年購入(年賀状等)しています。 セコいですか? 身の丈に合ったもの、としてね。(笑) でも、30年近く続けていま~す。継続は力なり、ということで…。

以下「 」内、ニュース・ソースから抜粋(重複する内容も有)

4_2「今回のプロジェクトは、シャロンがデザインの段階から積極的に加わった新しいコレクション「Sharon Stone」の収益の一部を、アフリカにきれいな水を供給するため寄付するというもの。

米国エイズ研究財団のグローバルアンバサダーを努める等チャリティ活動に積極的なシャロンが、きれいな水を供給することの重要性を痛感し、ダミアーニにアイデアを提案。ダイヤモンドがアフリカの代表的産業でもあることから理解を得て、実現に至った。」

「ダミアーニの広告塔である女優のシャロン・ストーンが1120日に来日する。シャロンは、ラフダイヤモンドをあしらった新しいコレクションをダミアーニと共同でデザイン。このコレクションの収益の一部が、アフリカにきれいな水を供給するプロジェクトのために寄付される。ダミアーニ・グループの副社長であるジョルジョ・ダミアーニと共にアフリカの各地を廻ったシャロンは、子どもたちにきれいな水を与えることがいかに困難であるかを知ったという。今回のチャリティ活動ではアフリカの井戸と公衆衛生を維持するシステムを構築することを目標としている。

このプロジェクトのために特別にデザインされたのは、自然界から発見されたままの形をしたラフダイヤモンドを使ったジュエリー。"自然な不完全さ"が魅力のこのダイヤモンドは、地球が生み出した奇跡そのもの。不揃いの形やユニークな存在感が魅力だ。またラフダイヤモンドを使ったコレクションはなんとダミアーニ初となり、シルバーとの組み合わせも初めてというから見逃せない。リングやブレスレットにはシャロンのシグネチャーも刻まれており、ミステリアスで美しい彼女のイメージにぴったりのアイテムと仕上がっている。今月、世界に先駆け、シャロン自らが来日しプロジェクトについて語るプレゼンテーションでは、今からその全容に期待が高まる。」

2_2「過去15年間にわたって、シャロンは米国エイズ研究財団の活動に尽力。アフリカでは、乳幼児が母乳からエイズに感染したり、それを防ぐための粉ミルクが不衛生な水で作られるため別の病気に罹ったりして、亡くなっている現実を知り、「子供たちにきれいな水を飲ませることがいかに困難かを思い知った」という。

 そこでシャロンは、井戸と公衆衛生を維持するためのシステムを構築するため、ジュエリーの売り上げの一部を寄付することを思い立ち、この考えにダミアーニ社が賛同。このプロジェクトのためにラフダイヤモンドを作ったシャロン・ストーンコレクションを発表した。」

3_2「シャロン・ストーン・フォー・ダミアーニ」は採掘された状態のままカットを施さないダイヤモンド「ラフダイヤモンド」を使用し、ブラウンゴールドやシルバーにセッティングした。指輪は3型9種類14万7000円~、ネックレスは1型3種類12万6000円~、ピアスは1型2種類18万9000円~、ブレスレット1型4種類157万5000円~。」

「ジュエリーについてストーンさんは「男性がプレゼントされるようなものを作りたかった」と話し、「地球から今出てきたような雰囲気にしたかった。繊細で男性的な私の理想の男性をイメージした。ジーンズやブーツに合わせてもいい、着古したジーンズのようにしたかった。購入しやすい価格にしようと思ってシルバーも作った」と話した。」

なお、サクサクッと検索した中では、毎日新聞(11/20)記事がプレゼン内容や作品写真などで充実していたので以下にアドレスを。

http://mainichi.jp/life/kirei/graph/20091120/

さて、安価なものも用意したと記事にはあるけれど、会場で配られたカタログ(「シャロンコレクション」ではない)をパラパラとめくると、273万円、252万円まあ、お手頃だこと!(な~んちゃって)。一番安いのが131万円、う~ん手がでない(笑)

DAMIANIさ~ん、ユニセフのように「カード」を作ってくださーい。

それならチャリティーに喜んで参加できるのになあ、な~んてね(笑)

そうそう、今までの来日で「日本をどう楽しんだか?」に関しての一幕で、「ハリウッドスターとしてリムジンで周るのでなく、バス、電車、地下鉄などの公共交通で出かけたのよ。」と嬉しそうに語るシャロンを観ていて、高感度さらにアップした。

えっ、トムは美人に弱い? おっしゃる通りです。(笑)

|

« ■スピンオフドラマ『検察官・星川梨沙子 最大の危機』 | トップページ | ■『爆笑問題 with タイタンシネマライブ』in TOHO日劇、チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展 in 大丸ミュージアム、小山実稚恵&平野啓一郎トーク&ライブショウ、など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■スピンオフドラマ『検察官・星川梨沙子 最大の危機』 | トップページ | ■『爆笑問題 with タイタンシネマライブ』in TOHO日劇、チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展 in 大丸ミュージアム、小山実稚恵&平野啓一郎トーク&ライブショウ、など »